はじめての方必見、店舗デザイン依頼時のポイント

2018年7月26日 By admin

店舗デザインは店舗環境に合わせて最適化しよう

店舗デザインは業種や地域、ターゲットユーザーによって選ぶべきデザインが大きく異なります。例えば、同じ雑貨店を開業させる上でも、東京のど真ん中で開業する店舗と郊外都市で開業をする雑貨店では、取るべきデザイン案は異なると言えます。ターゲットとなる顧客の層が違いますし、一日当たりに来店する顧客の数も異なります。都心と郊外都市では顧客の行動属性は異なりますし、店舗の大きさにも差があります。回転を重視した店舗デザインにするのか、居心地を重視したデザインにするのか、しっかりと自身の店舗環境と合わせて選定を行っていきたいところです。

専門性の高いデザイナーに依頼をするのが賢明

効果的な店舗デザインを行う為には、その業界や消費者に行動心理に詳しいデザイナーやその地域に精通をしたデザイナーに依頼をするのが賢明です。よほどの経験や才能がある場合を除いて、どんなに優れたデザイナーでも、得意分野があります。居酒屋の店舗デザインに強い方には居酒屋のデザインを依頼し、女性向けのアパレルショップの店舗デザインに強い方には女性向けのアパレルショップの依頼をしましょう。もちろん、異業種を得意とする方を起用する事で化学変化が起きる場合もありますが、最大限の効果を期待するのであれば、専門性の高いデザイナーに依頼を行う様にするのが賢明です。なお、デザイン事務所への依頼を行った事が無い方やコネクションが無い方は直接、個別に連絡を取るか、マッチングサービスなどを利用して連絡を取るのが一般的な流れとなっています。

店舗の内装デザインは業務のイメージに沿ったものに仕上げることが大切です。特に飲食店などの接客業は店舗内のイメージが売り上げの良し悪しに直結するので、内装には細心の注意を払うことを心がけます。