知っておきたい!テラスハウスのメリットとデメリット

2018年10月28日 By admin

テラスハウスのメリットとは

テラスハウスは、2階建てなどの住宅が横に繋がった形をしている集合住宅のことであり、戸建てと集合住宅の中間のような特徴を持ったものだと言えるでしょう。メリットとしては、まず、集合住宅なのに戸建てのような感覚で住むことが出来るということが挙げられます。建物の内部は基本的に戸建てと同じなので、一般的な集合住宅とは違う住み心地になると言えるでしょう。そしてテラスハウスには、戸建てよりも家賃が安いというメリットもあります。ですので戸建てのような住宅に、より安い家賃で住みたい場合に便利だと言えるでしょう。さらにテラスハウスには、専用の庭が付いている場合があるというメリットもあります。一般的な集合住宅にはベランダぐらいしかありませんが、庭付きのテラスハウスであれば、ちょっとしたガーデニングを楽しむことも出来るでしょう。

テラスハウスのデメリットとは

一方でテラスハウスには、デメリットと言えるものもあります。まず挙げられるのは、壁が隣と繋がっているため、音が響く場合があるということです。テラスハウスには上下階はないので、そちらの騒音は問題にならないのですが、隣同士で騒音が問題になる可能性もあるため注意しておきましょう。次に挙げられるのは、戸建ての場合と比べて制限やルールが多いということです。テラスハウスは戸建てのような感覚で住めますが、基本的には集合住宅なので、一般的な集合住宅と同じようなルールなどが設けられている場合が多いと言えます。さらにテラスハウスの場合は隣と繋がっているため、構造上、窓が少なくなるということもデメリットだと言えるでしょう。

麻生の賃貸は駅周辺になると家賃の相場は高くなります。安くするためには自転車を使うなど工夫するといいでしょう。